• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

新型コロナウイルス感染拡大に対する中部大学の行動指針における現在の活動制限レベル

【2020年9月2日】

現在の新型コロナウイルス感染拡大に対する中部大学の行動指針におけるレベルは以下のとおりです。

判断基準・活動制限

要請レベル、感染状況ともレベル2と判断します。活動制限については、レベル2での対応とします。
感染防止に、より一層の注力をお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大に対する中部大学の行動指針

活動制限
レベル
判断基準 授業形態(対面/遠隔) 研究活動 課外活動等 学内会議、行事等 教職員の業務体制 学生等の構内入構
2 制限-小 【要請レベル】 政府・自治体等から大規模な行事の開催自粛等が要請されている状況
【感染状況】 国内において、数十人規模で新規感染者が発生しているが、愛知県では感染拡大傾向は
⾒られないような状況
感染拡大に最大限注意して、対面による講義、演習、実験・実習を実施するが、できるだけ遠隔 授業を推奨する。 研究活動は続行できるが、感染拡大に最大限注意しつつ、研究室関係者(学生、研究員、教員)は現場での滞在時間を減らし、自宅での作業を検討する。 感染拡大に最大限注意して実施する。ただし、「3密」が避けられない活動は中止する。 感染拡大に最大限注意して対面会議を行うが、オンライン会議を推奨する。
不要不急の行事、「3密」を伴う行事は自粛する。
感染拡大に最大限注意しつ つ、時差出退勤と、業務の性質上可能な業務は在宅勤務による遂行を推奨する。 入構可
常にマスク着用
「3密」を避ける工夫

本学では、実際の感染状況は日々変化するため、全体の感染状況は概ね1週間単位で確認することとします。 ただし、感染爆発状況かそれに近い状況になった場合は毎日感染状況を確認し、活動制限レベルの設定を行います。