• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【2018年6月9日】中部大学同窓会 東京支部会合

【2018年6月9日】

 

今回の東京支部会・親睦会は幅広い世代の同窓生20名以上が集まり、本部からも石原学長、山田常勤理事、北尾常勤理事、市原部長、そして村松同窓会会長にご参加いただきました。

東京事務所で行われた支部会では、まず後藤支部長より昨年度の活動報告や会計報告、今後の活動計画についてのお話がありました。
来年は同窓会50周年ですが、学園80周年と重なるため記念イベントは時期を先送りし、2020年7月以降に開催する予定とのことでした。30周年の際に発行した記念誌のようなものも検討しているとお話しいただきました。
また、大学バッジのデザインについて市原部長よりご説明をいただきました。

次に、石原学長よりお話をいただきました。
大学の現状や入試制度改革についてお話しいただき、特に2019年度より導入される同窓生推薦入試について詳しく説明していただきました。同窓生の皆さんに是非推薦して欲しいと呼びかけをされました。
また、AO入試ではポートフォリオの提出を求めることとしたため、知識だけではなく総合的な人間力を評価する入試方法になったとご説明いただきました。

その後、山田常勤理事より学園の生徒数や進路状況についての説明をしていただき、北尾常勤理事より、学園ビジョンの資料を参考に現在の大学について説明と、学内の写真を元に保育所などの新築建物や改修された設備をご紹介いただきました。

今回は初参加の同窓生も複数いらっしゃり、参加人数が年々増え続けています。回を重ねるごとに東京支部の輪が広がっていっていることを感じます。
東京支部の更なる発展を期待しています!
 

                                                                  【支部会の様子】

                                                         【支部会終了後、東京事務所にて】