• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【2017年6月10日】中部大学同窓会 東京支部会合

【2017年6月10日】


今回の東京支部会・親睦会は幅広い世代の同窓生20名以上が集まり、本部からも石原学長、山田常勤理事、北尾常勤理事、川尻事務局長、市原部長、加藤次長にご参加いただきました。

東京事務所で行われた支部会では、最初に石原学長にご挨拶をしていただきました。
志願者数増加や学部改組などの大学の現状について、また、東京進出のために同窓生の協力が必要というお話をいただきました。

次に、後藤支部長より昨年度の活動報告や代議員会の報告、今後の活動計画についてのお話がありました。
平成29年度は東京支部発足25周年とのことで、東ブロックの総会も兼ねて大規模な懇親会を企画しているとのことでした。会場案や企画の提案など、同窓生からも意見が交わされました。
また、支部会開催日の前日まで神宮球場で開催されていた大学野球のお話もありました。東京支部の同窓生の中にも観戦された方が多くいらっしゃるようでした。

その後、市原部長より渉外部についての説明や、北尾常勤理事より、学園ビジョンの資料を参考に現在の大学について説明をしていただき、現状と今後の課題についてお話しいただきました。

今回も一昨年卒業したばかりの同窓生が参加されたり初参加の同窓生もいらっしゃったりと、東京支部の輪が幅広い世代で広がっていると感じます。今年度は発足25周年で節目の年でもあるので、今まで以上に盛り上がっていくことと思います。
東京支部の更なる発展を期待しています!

 

                                                         【支部会の様子】

                                               【支部会終了後、東京事務所にて】