• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【学生・生徒の皆様】新型コロナウイルス感染症拡大防止のための入構制限措置等の延長について

【2020年5月1日】

学生・生徒の皆様

                           新型コロナウイルス感染症対策本部
                    本部長(学校法人中部大学 副理事長) 山田公夫
                         副本部長(中部大学 学長) 石原 修
                         中部大学第一高等学校 校長 太田博道
                    中部大学春日丘中学校・高等学校 校長 二村 啓

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための入構制限措置等の延長について(重要)

現在、新型コロナウイルスの感染防止に向けた「緊急事態宣言」が全国に発出されていますが、国内の状況は新型コロナウイルス感染症がまだ終息に向かっていると判断できる状態ではなく、政府は緊急事態宣言を延長する方針を固めたと報道されている状況です。

本学園も「緊急事態宣言」を受け、4月17日付け「「緊急事態宣言拡大」に対する本学園の対応について(重要)」にてお知らせのとおり入構制限等の措置を5月6日(水曜日)までとしていましたが、現状を鑑み5月7日以降も引き続き入構制限等を行います。

感染拡大防止のため、ご理解、ご協力の程お願いいたします。

  1. 他都道府県との不要不急の往来を自粛してください。特に、ゴールデンウイーク中の帰省や旅行は、自粛してください。
  2. 学園構内への入構は、原則禁止とします。
    ただし、大学においては5月7日から遠隔授業が開始されることに伴い、自宅にPC、WiFi等の利用環境が整備されていない学生は、学内への入構を認め、指定場所での受講を認めます。
  3. 上記の措置は、緊急事態宣言が解除されるまでの期間とします。

【行動指針】

これ以上の感染拡大を起こさせないよう学園の全学生・生徒および全教職員が一致団結し、今にも増して冷静な判断や行動を心掛ける。

  1. 毎朝の検温を徹底する。発熱等の風邪の症状がある場合は、無理せず休養する。
  2. 自身も無症状の感染者かもしれないと捉え、一人一人が他人に感染させないよう慎重に行動する。
    学内外を問わず、手洗いやマスク着用等の咳エチケットを徹底する。
  3. 免疫力を高めるために、十分な睡眠、適度な運動や適温の入浴、バランスの取れた食事を心掛ける。

以上