• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【学生・生徒の皆様】「緊急事態宣言拡大」に対する本学園の対応について

【2020年4月17日】

学生・生徒の皆様

新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長(学校法人中部大学 副理事長) 山田公夫
副本部長(中部大学 学長) 石原 修
中部大学第一高等学校 校長 太田博道
中部大学春日丘中学校・高等学校 校長 二村 啓

「緊急事態宣言拡大」に対する本学園の対応について(重要)

4月16日、政府は新型コロナウイルスの感染防止に向けた「緊急事態宣言」を全国に拡大しました。これにより、他都道府県への不要不急の外出自粛や休業協力要請がありました。
これを受けて、本学園では次のとおり対応します。

  1. 他都道府県との不要不急の往来を自粛してください。特に、ゴールデンウイーク中の帰省や旅行は、自粛してください。
  2. 学園構内への入構は、原則禁止とします。
  3. 上記の措置は、4月17日(金曜日)より5月6日(水曜日)までとしますが、今後の状況によっては、期間が変更となる場合があります。

【行動指針】

これ以上の感染拡大を起こさせないよう学園の全学生・生徒および全教職員が一致団結し、今にも増して冷静な判断や行動を心掛ける。

  1. 毎朝の検温を徹底する。発熱等の風邪の症状がある場合は、無理せず休養する。
  2. 自身も無症状の感染者かもしれないと捉え、一人一人が他人に感染させないよう慎重に行動する。学内外を問わず、手洗いやマスク着用等の咳エチケットを徹底する。
  3. 免疫力を高めるために、十分な睡眠、適度な運動や適温の入浴、バランスの取れた食事を心掛ける。